自主上映のご案内

  森の映画社の作品をみなさんの地域で、上映してみませんか?

作品名
上映素材
上映料

高江-森が泣いている
2016
63分(予定)


DVD

上映権付DVD1万円で販売

2016
107分

DVD

15万円でDVD貸出。
1日複数回上映も可。.

2015
94

DVD
ブルーレイ

上映権付DVD5万円で販売。
60人までの小規模上映は、3万円でDVD貸出

2013
5章・9時間9

DVD
ブルーレイ

◎全5章上映の場合
上映権つきDVD10万円

◎部分上映の場合、各章3万円で、上映素材を貸し出します。


2012
113

DVD

上映件つきDVD5万円。60人までの小規模上映は、3万円でDVD貸出


2008
118

DVD
DVカム

上映権付DVD3万円

(日本語字幕)
2009
52

DVD
ミニDV

上映権付DVD3万円


(日本語・英語字幕)
2011
68

DVD
DVカム

上映件つきDVD5万円60人までの小規模上映は、3万円でDVD貸出

(日本語字幕)
2010
108

DVD
DVカム



上映件つきDVD5万円60人までの小規模上映は、3万円でDVD貸出

2009
8章・494

DVD
DVカム

◎全8章上映の場合
上映権つきDVD10万円

◎部分上映の場合
5万円で、上映素材を貸し出します。

2008
118

DVD
DVカム

上映権つきDVD5万円60人までの小規模上映は、3万円でDVD貸出

闇を掘る(日本語)
2001
105

DVD
16mm

上映権付DVD3万円

申込方法

申込用紙に必要事項を記入の上、FAX(011-206-4570)かメールにてお申込みください。


申込用紙はこちら→PDF WORD

上映希望日の3日前までに上映素材をお届けします。
上映が終わり次第、上映報告書(上映素材に添付)とともに、ご返送ください。

上映権付DVDをご購入の際は、返送は不要です。ご購入いただいた方の主催される上映会を今後も開いて頂くことができます。ただし、他の個人・団体への貸し出しは出来ません。

*沖縄ニューズリール、原発震災ニューズリール、戦争の記憶シリーズについては、DVDを購入していただければ、学習会・授業・上映会で自由に上映できます。

☆入場料の設定入場料設定についてのお願いも、あわせてお読み下さい)
*当日・大人・一般1000円以上で入場料を設定してください。
当日・大人・一般以外に、シニア、高校生などの割引料金は、設定していただいてかまいせん。
*部内学習会などクローズドの場を除き、基本的に無料上映会はできません。

☆ポスター、チラシなどの宣伝物

【圧殺の海】【辺野古】
宣伝物用のデータを提供しますので、上映主催団体で作成してください。

【笹の墓標】
宣伝物用のデータを提供しますので、上映主催団体で作成してください。
ポスター(B2) 1枚 200円(送料実費)
パンフレット

【ラブ沖縄】
カラーポスター(B2) 1枚 200円(送料実費)
チラシ 印刷用のデータを提供いたしますので、主催団体で作成してください。
     *ロゴ、シーン写真などはこちら
     *チラシのJPG、PDF、イラストレーターファイルなどはこちら

【Marines Go Home】

カラーポスター(A2) 2005年に制作のポスター(旧版)を1枚 100円(送料実費)で。
チラシ 印刷用のデータを提供いたしますので、主催団体で作成してください。
チラシのデーターはこちら

【アメリカ戦争する国の人びと/One Shot One Kill/アメリカばんざい】

カラーポスター(B2) 1枚 200円(送料実費)
カラーチラシ(B5)  1枚10円
*上映案内を刷り込んで、活用してください。(送料は実費)
*自作される方は、ご連絡ください。素材を提供します。

【闇を掘る】
ポスター、チラシはありません。
チラシのコピー(スキャンデータ)などはご提供できます。

【アレン・ネルソン-ベトナムの記憶】

ポスター、チラシはありません。
アレンさんの写真などはご提供できます。


☆パンフレット

販売物の詳細は、こちらをご覧ください。

*「辺野古」、「笹の墓標」、「ラブ沖縄」、「アメリカー戦争する国の人びと」、「One Shot One Kill」、「アメリカばんざい」、「Marines Go Home」のパンフレットをそれぞれ1000円で販売しています。

自主上映主催グループには、それぞれ、10冊以上のご注文で1割~2割還元します。


☆監督の講演など

映画の上映とセットの場合は、上映料の他に、講演料3万円(交通費と宿泊費は実費)で。

☆上映会場を決める際には、以下の点にご留意ください。


1)会場は暗くなりますか?
外からの光が入らない、暗くなる会場を探してください。
暗いシーンは、とても見づらくなります。会場の明かりの他、会場の外から、光がもれて入っていないかも確認してください。


2)天井は低すぎませんか?
前に座る人の頭が邪魔にならないよう映画を観るために、なるべく高い位置に映写する必要があります。会議室や教室などの場合、使えるのは、床から凡そ、140センチより上の部分です。
天井が低いと、とても小さな画面になるので、ご注意ください。


3)上映機材はありますか?
 この映画の上映に必要なものは、上映素材の再生機(DVDプレーヤーなど)、再生機と接続できるプロジェクター、音響機器、スクリーンです。

 ・映像の良し悪しは、プロジェクターの性能に最も左右されます。
なるべく新しい、性能の高い(解像度が高い、明るい)プロジェクターをご用意ください。

スピーカーが付いているプロジェクターもありますが、上映には不向きです。
必ず、プロジェクターとは別に、音響機器(アンプ+スピーカー、会場のスピーカーへの接続など)を用意ください。人が普通に話をしている場面で、音がきちんと聞こえる音量に設定してください。

・DVDを再生する場合は、パソコンではなく、DVDプレーヤーをお使いください。
パソコンの場合、映像が飛ぶ、音と映像がずれる、画像が粗くなるなどの不具合が生じます。


4)上映前に、必ず試写をしてください
 DVDなどのデジタル素材は、再生機器(プレーヤー)によって、再生できないなどのトラブルが発生する事があります。当日使用する再生機で、必ず事前に、試写を行ってください。
 

5)画面の縦横比(アスペクト比)の確認
作品によって、スタンダード(4:3の比率、昔のTVの規格と同じ)のものと、ワイド画面(横長の16:9の画面)のものがあります。必ず、再生画面の縦横比を確認してください。



☆問い合わせ・申し込み先

★は、@に置き換えて、メールしてくださいませ。
影山あさ子事務所
marinesgohome★gmail.com