2016年11月29日火曜日

高江ー森が泣いている2、完成!!

ヘリパッド建設が強行される米軍北部訓練場の内側を描く
『高江ー森が泣いている  

ただいま衝撃普及中。

高江のヘリパッド建設現場・H地区 2016年10月26日


高江の森の中で、
何が起きているのか

共同監督 藤本幸久 影山あさ子


沖縄本島北部、やんばるの森。
その森の中、米軍北部訓練場の内側で、ヘリパッド建設が強行されている。米軍北部訓練場は、日本政府が米軍に提供している施設で、米軍の管理下にあり、許可なく立ち入ると刑事特別法(刑特法)という日本の法律で、罰せられることになる。しかし、ヘリパッド建設に反対する人びとは森の中に入り、抵抗を続けている。

大手メディアの記者たちは、今、森の中には入らない。高江のたたかいをどう伝えるのか、私たちも悩んだ。しかし、市民の知る権利、表現の自由、報道の自由の方が、米軍を守る刑特法よりも優先すると考え、北部訓練場の内側を描くことにした。
森の中の現場に向かうと、機動隊、防衛局職員、アルソックら民間警備会社と作業員がいた。「環境に配慮して70センチ幅のモノレールで砂利や資材を運ぶ」としていた防衛省の説明とは異なり、実際には4メートルもの幅で森が切り開かれ、ダンプが通る工事用道路が造られていた。次々と木が切り倒されていく。
現場に立たなければ、中で何が行われているのかわからない。新たに作られるヘリパッドが、米海兵隊の新型輸送機、オスプレイを配備するためだということも、政府は隠し続けてきた。
チェーンソーの傍らに立ち、作業員を説得し、立木にしがみつき、抵抗を続ける県民たち。やんばるの森には、4000種類を超える野生生物が棲む。本来、世界自然遺産にすべき場所だが、その中でも、高江周辺の森は、自然度の高い生態系が連続する唯一の場所だ。脊梁山脈から宇嘉川に沿って、森が海まで続く唯一の場所なのだ。
12月完成を目指し、1000人の機動隊を張り付け、乱暴な工事を大急ぎですすめる日本政府。なぜ、なのか。
日本政府は、南西諸島を最前線基地、軍事要塞化しようとしているのだ。
辺野古の新基地建設工事も再開し、奄美、宮古、石垣にミサイル基地の建設をすすめようとしている。高江は終わりではなく、始まりなのだ。
「沖縄を再び戦場にさせない」、「戦争はいやだ」―――県民たちの抵抗は今日も続いている。

「高江-森が泣いている2」 2016年11月/63分/森の映画社
監督:藤本幸久/影山あさ子
編集:栗原良介 撮影:栗原良介/小田切瑞穂 / 酒村多緒 / 藤本幸久 / 影山あさ子
ナレーション:影山あさ子  音楽:「木が伐られていく」きむきがん (ウクレレ 岸田智之)
映像協力:アキノ隊員 / 森尾 守 / yasu / 安藤朱里  撮影協力:高江ウッズ/山原緑
配給:影山事務所




【公開スケジュール】
上映時間等詳細は、劇場HPでご覧ください。

大阪・シアターセブン 上映中!延長決定!!

愛知・名古屋シネマテーク 1月14日(土)~
毎日11:00より上映。
14日(土)・15日(日)は、上映後、藤本監督トークあり。

東京・ポレポレ東中野 1月14日(土)~
「高江ー森が泣いている」、「高江ー森が泣いている2」
2本立て・アンコール上映 毎日20:30~


以下の上映は、終了しました。

沖縄・桜坂劇場 12月10日(土)~
12/10(土)ー18(日)は、上映後、連日、ゲストX影山監督のトーク。

12/10(土) 伊波義安さん(奥間川流域保護基金)
12/11(日) 北上田毅さん(沖縄平和市民連絡会)
12/12(月) 平良修さん(牧師)
12/13(火) 仲宗根勇さん(うるま市具志川九条の会代表・元裁判官)
12/14(水) 田丸正幸さん(ヘリパッドいらない住民の会)
12/15(木) 渡瀬夏彦さん(ノンフィクションライター)
12/16(金) たまちゃん(高江ウッズ)
12/17(土) アキノ隊員(チョウ類研究者)
12/18(日) yasu 歌とトーク 歌「座り込め」他

東京・ポレポレ東中野 12月17日(土)~
12/17(土)ー25(日)は、上映後、連日、ゲストX藤本監督のトーク。

12/17(土) 鎌田慧さん(ルポライター)
12/18(日) 金平茂紀さん(ジャーナリスト・TBS報道特集キャスター)
12/21(水) 満田夏花さん(FoE Japan)
12/23(金・休) 森口豁さん(ジャーナリスト)
 12/24(土) きむきがんさん ミニライブ

大阪・シアターセブン 12月24日(土)~
12/24(土)、25(日)は、上映後、影山監督のトーク。
12/25(日) きむきがんさん ミニライブ決定!


<特別先行上映@明治大学>

日程A:12月11日(日)17:30~(開場17:00)
会場A:明治大学 リバティータワー1F リバティーホール

日程B:12月12日(月)18:30~(開場18:00)
会場B:明治大学 グローバルフロント1F グローバルホール 

※ABともに、上映後、藤本幸久監督のトーク資料代:1,000円


<アクセス>A/Bいずれも、●JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分 ●東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分●都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分


【上映権付DVDを1万円で販売します】

録映画「高江-森が泣いている 2 」は、上映権付DVD1万円で販売します。上映権付DVDは、DVDを購入された個人・団体が主催する上映会を開くことが出来ます。(他の個人・団体へ貸し出して上映することはできません)

*お申し込み方法*

以下の内容をFAX 011- 351-1068までお送りいただくか、
メール(marinesgohome@gmail.com)でお送りください。

●DVDの本数          本           円
●お名前(ふりがな)
●お送り先ご住所(〒      )
●お電話
●FAX
●メール